優食

豆腐干とは

100gあたり
糖質1.8g、たんぱく質23gの
グルテンフリー食材

名前だけを見ると豆腐を干したものと思われがちですが、
豆腐に圧力をかけて、水分を抜き、軽く乾燥させたものを「豆腐干」と呼びます。

中国では豆腐干を細切りにしたものが、定番食材として広く親しまれ、
和えものなどの前菜から、炒めもの、煮ものなどの主菜まで
幅広く活用されています。

近年では日本でもアジア料理店を中心に食べられるようになり、
低糖質で高たんぱくなヘルシーさはもちろん、調理のしやすさやおいしさも人気です。

料理写真

優食の「豆腐干」

冷凍豆腐干 細切り(長)・冷凍

細切り長1 細切り長2

100g入り
ロングタイプの豆腐干。パスタや中華麺、うどんなどの麺類と同様に活用でき、アレンジしやすい。

冷凍豆腐干 細切り(短)・冷凍

細切り短1 細切り短2

100g入り
ショートタイプの豆腐干。5~6㎝長さにカットされているので、和えものや炒めものに最適。

冷凍豆腐干 平切り・冷凍

平切り1 平切り2

100g入り
平たい帯状の豆腐干。汁気の多い煮ものや鍋に活用したり、平麺の代わりに使ったりするのがオススメ。

※「豆腐干」はすべて、冷凍した状態で届きます。調理の前に解凍し、ゆでてから使用してください。

 

優食「豆腐干」の解凍とゆで方

優食の「豆腐干」は、お手元に冷凍した状態で届きます。
調理前に「解凍」して、「ゆでる」ことでスムーズにおいしく調理することができます。

豆腐干を解凍する

解凍

冷凍状態の「豆腐干」を冷蔵室に入れて約半日ほどおき、自然解凍する。

豆腐干をゆでる

茹でる

大きめの鍋に湯をたっぷり沸かす。解凍した「豆腐干」を入れ、菜箸で2~3回混ぜながら5分ゆでる。

(※麺として活用する場合は、湯の量に対して1%の塩を加えてゆでる。)

冷製料理として活用する場合は

流水で洗う
流水で洗う

「豆腐干」をざるに上げて水気をきり、流水をかけながら粗熱を取る。大きめのボウルに入れ、流水でもみ洗いしながら、3回ほど水を変える。

水気をきる
水気をきる

「豆腐干」をざるにあげて水気をきり、手でぎゅっと押さえつけるようにして水気をしっかりきる。

 

豆腐干で作れる料理

「豆腐干」は、そのまま「和える」のはもちろん、「炒めたり」、「煮たり」して調理するのもオススメ。
加熱しても「豆腐干」の歯ごたえは損なわれないので、ほかの具材や調味料ともおいしくからまります。

和える

和える

炒める

炒める

煮る

煮る